容姿は決して良いわけでは無い園長先生と。

当時、子供が通う保育園の園長先生でした。絶対に恋愛対象としてみる事はしてはいけないと思っていましたし、私自身恋愛となるとも思っていない男性です。

私がまだ30前半で園長先生は60前であったと思います。端から見たら親子と勘違いされてもおかしくないと思います。

私の携帯に、ある男性からの間違いメールから始まりました。メールを開きますと待ち合わせの確認のメールの内容で私宛に書いた内容ではないと直ぐに分かりました。仕事の休憩中ともあって不明なメールでしたし返信するのも今思えばおかしな話ですが、急ぎのメールの内容でしたので返信しますと、ご丁寧に「間違えてすみません」と返事を頂き何故か私も変にこういう出会いもあるものだと初めは嬉しくて恋心に落ちていました。

あまり日は掛からなかったと思いますがメールだけのやり取りを数か月していました。私の名前から住まい、全ての事を話せるほど仲良くなれいつか会えたらいいねと言える様な雰囲気のメールも出せるようになっていました。

いつしか男性から「本当のことを話さなくてはいけない」とメールが届き、聞きたい様で聞きたくないと心の中で思いました。沢山メールが届く内容に「貴方の子供達を通わせてる保育園の園長です」とメールの文章に戸惑いと今の感情をどうしてよいか、只々どういう意味なのか分からず今までのメールは騙していたのかという怒りとこの想いをどうしてよいか悩んでいると、「悪気はなかった、途中で園の保護者の一人だとわかったがどうすることもできなかった」とお詫びのメールを貰い、「これからの事を話したい」とメールで言葉を交わし、落ち着いて園の事務室で二人で話し合いました。初めて会う人じゃないのに初めて話す感覚でした。

初めての経験で絶対にあってはいけない経験です。ですが、本当の恋愛になることに自分自身も驚きで誰にも話せない内容です。私の人生をかけて初めて恋愛をしたと思える程楽しくて自分らしく喜怒哀楽を言える男性でした。

容姿は決して良いわけではありません、私のタイプでもありませんでしたが、こんなにも人を愛することが出来るのかと思える程ずっと笑っていられた期間です。別れるまでとても期間を要しましたが戻れるのならと今でもと思ってしまいます、それでも子供が居る身分とはいえまた同じような男性と巡り合おうと思っても園長先生と比較してしまうため難しいです。人を愛することに重要な事は心だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です