所詮はダブル不倫。長くは続かず耐えられなくて

職場の近くにあるラーメン屋の店員で歳は48歳。

中肉中背で色黒で茶髪。おじさんのわりにはカッコイイ感じでした。ラーメン屋の前を通るといつも近所の色んな人に明るく挨拶をしていて近所の子供にも懐かれている人です。既婚者で子供が娘24歳。息子が高校生って言ってたかな?

当時、私も既婚でしたがその日は土曜日で旦那が帰ってこないと言っていたので私も実家にでも泊まりに帰ろうかなと考えていました。仕事も終わって夕方すぎにラーメン屋で一杯ビールでも飲んで油売ってから実家に行こうと思ってラーメン屋にいきました。

店員らとなんてことない世間話なんかをしていたのですがその茶髪のおじさんが明日誕生日なんだって話になって私も酒も入っていたし調子いいこと言って「じゃあこのあとお店閉めたら飲みに行っちゃう?」ってのがキッカケでした。みんなで行くのかと思ってたらその茶髪のおじさんと2人きりで飲みに行くことになったんです。旦那の愚痴なんかをこぼして泣いちゃったりして慰められました。

仕事に行けば毎日顔を合わせることはできるのに触れることはできない。そうゆう関係になってからは周りにバレないようにだか知らないが私にだけ素っ気なくツラかったです。また2人で会いたいけどなかなかお互いに家庭があるので時間は作れないしメールもできない、電話もできない。周りの目を盗んでアイコンタクトをくれるのがすごく嬉しかったぁ。
私にだけおまけの煮卵頼んでもないのに入れてくれたりしてラーメン屋の店主らに「お前らなんかあるのか?あやしいなぁ(笑)」なんて冷やかされるのもなんか照れ臭くて嬉しかった。
でも所詮はダブル不倫。長くは続かず耐えられなくて私が職場をかえました。

気持ちが盛り上がるのってだいたいやっぱり3カ月くらいなものです。もし不倫に走りそうになっても早まらずにまず気持ちが盛り上がってる分だけ思いっきりその時の恋愛を楽しむんです。もちろん周りにバレないように!

3ヶ月くらいしたら気持ちも落ち着いてきて冷静な判断ができてくるものです。
あと浮気してると旦那に優しくできるのでだんだん旦那との仲も良くなっていきました。破綻してた夫婦関係が私の浮気によって改善されたわけです(笑)

付き合う前にきちんと既婚者じゃないことを証明してもらうべき

相手の方は、スーツが似合うバリバリ働く営業マンでした。
私は、まだ20歳で大人の男の人にそれほど接したことが無かったため、30代の男の方が、とても大人に見え魅力的に見えました。
そして、営業マンなので、口がうまい人でした。

その人は、バイト先のお客さんでした。
ある日話しかけられ、何度かたわいもない話をするうちに仲良くなりました。
そして、今度2人で会おうと誘われたのです。
私はお付き合いしている人もいなかったので2人で会うことにしました。
そこでの彼はとても私のことを可愛いなどといって褒めてくれて、私も嬉しくなりどんどん彼に惹かれていってしまったのです。
彼は素敵な方だったのでスグに好きになってしまい、会うのが嬉しくなっていきました。

彼とのお付き合いは、何となく始まっていったのですが、土日会えないだけでなく、連絡もトレ無いとのことでした。
私は変だな~と思いながら、土日の仕事がとても忙しいのかな?と思っていました。
そして、一人暮らしの家にもいつまでたっても行っては行けないと言われ怪しく思い、彼に問いただしました。
すると、既婚者でもうすぐ子供が生まれることを聞かされたのです。
大変好きだったのですごくショックで何日も立ち直れない日々を過ごしました。

やはり、付き合う前にきちんと既婚者じゃないことを証明してもらうべきだと思いました。
今は結婚する年齢が上がっているとはいえ、30過ぎのいい男がいつまでも独身でいるのはまれだからです。
あと、相手の男性がいくら口が上手くはぐらかされても、少し疑問に思ったことが出てきた時はきちんと本人に確かめなければ行けないなと思いました。

やはり、辛い恋愛をしない為にも、自分で予防策を張り、少し慎重になってお付き合いすることを勧めます。

出会い系サイトで知り合った2人の恋愛

私よりも7つ上の男性でした。営業系のサラリーマンの彼は、優しくて紳士的な男性。正直不倫をするような人には見えませんでした。けしてイケメンというわけではなかったのですが、笑顔が素敵で私の悩みをよく聞いてくれました。

出会いのきっかけは、ロマンティックのかけらもないけど、ある出会い系サイトでお互いを知り、住んでるところも近かったので会ってみようというところからでした。今考えると出会い系で知り合った男性にひょいひょい会いに行くなんて、危ないし、どうかしてると思われても仕方ありませんが、当時の私は失恋したばかりで、少々ヤケになっていたのかもしれません。
別れたばかりの私は失恋した寂しさを埋めたくて登録したサイトでその優しい男性と出会いました。

出会い系サイトで知り合った2人。最初は当然のように緊張し、あまり話せませんでした。私も会うとなった途端「本当に大丈夫なのだろうか」と不安でいっぱいでした。いきなりホテルとか絶対無理!とかいろいろ妄想が膨らんでいたのですが、彼は「そんなに緊張しないでください、僕もすごく不安だったんです」と気遣ってくれました。

傷ついていた私が優しい彼に心惹かれるのにそう時間はかかりませんでした。会うたびに少しずつ打ち解け、相手に奥さんがいることも知りました。しかし冷え切った夫婦仲だと寂しい気持ちをこぼす彼と私は似ていて、どんどんお互い惹かれ合い、本当に好きでした。

私は本当に彼が好きでしたし、彼も愛してくれましたが、不倫という後ろめたさもありこのままじゃ2人とも不幸になると思い、話し合った結果別れることになりました。お互い前へ進むためです。彼は私と一緒にいたことで奥さんをもう一度見つめ直すことができたそうです。私自身は本当に好きでしたが、幸せな結果にならない事に薄々気づいていました。この経験から私が言えるアドバイスは、相手に依存しすぎてはダメだということです。

依存しすぎてしまえば、関係がなあなあになったり悪い関係者でもダラダラそれが続くのではないでしょうか?自分をしっかり持つことで、今の恋愛でいいのか考えることも時には必要だと思います。

不倫で幸せなことも、悲しいことも、辛いことも、楽しいことも

職場の先輩でした。当時30歳。どんな人にも臆することなく話をできる人です。本人は甘やかしているだけだと言いますが、誰にでも優しい人でした。背が高く、抱きつくと気持ちいいくらい少しお腹が出ています。奥さんがいて、3歳の子供がいました。

私は18歳で仕事を始めました。そのときの初めての職場の先輩が彼でした。数ヶ月間はお互い恋愛感情はなく、普通に優しい先輩と新人という認識で、勤務中もとくに強い気持ちを抱くことはありませんでした。

しかし初めての夜勤の時、その日も先輩と組んで仕事を覚えていたんですが、ふとお互い目が合い、気付いた時にはソファの上で先輩に襲われていました。初めてのセックスでしたので訳が分からず泣きじゃくりましたが、終わった後私がおちつくまでずっと抱っこをして頭を撫でてくれました。それがキッカケで先輩が好きになり不倫をしました。

今だけと思いながら、ずっと続いて欲しいと願っていました。月に数回、夜中に先輩の車で情事を繰り返しては、大好きだから行かないでほしいと泣きじゃくり、夜が明ける朝の四時頃まで頭を撫でてもらっていました。

きっと先輩を通して幼少の時に亡くなった父を見ていたような気がします。先輩は、どうしてもっと早く生まれて来てくれなかったんだと度々口にしていました。先輩からお誘いの連絡がなければ会えなかったので、会う度に、もう次はないかもしれないと思いながら抱きついていました。

幸せなことも、悲しいことも、辛いことも、楽しいことも、終わりが来る。そしてそれは必ず私に返ってくるってことを身をもって知りました。私が先輩に泣きついているときは、奥さんが子供を抱いて静かに泣いています。
当時それを知ってたとしても、私はきっと先輩に会いに行っていました。恋愛対象にしてはいけない人が、それぐらい好きで好きでたまらなくなるんです。お互い1日のお遊びのつもりならあっさり日常に戻れますが、不倫は最後まで誰かしらがしんどい思いをしてしまいます。悔いも残ります。これ以上の人はいないと思ってても、次の恋に進むべきです。

倫関係にある方で、もうすぐ離婚するから待っててと言われても。

見た目は誠実そうなのに、不倫をしても平然としている男性です。子供にはいいお父さんですが、夫としては絶対にないなと思う男性でした。恋人としてなら本当に最高な男性で、優しくて何事にもスマートな男性でした。

当時私はバンドを組んでいて、そのメンバーの1人でした。

最初は奥さんとお子さんがいることを知らずに、付き合っていたのですが、ある時、SNSで彼が結婚していることを知り、問い詰めたところいるとこのとのことでした。それでも、彼は奥さんとはうまくいっていなくて、もうすぐ離婚するから別れないでくれと言われて、不倫という形で関係を続けていました。彼は、本当に優しくて、頼りになって、結婚しているのにバンド練習後、毎回デートをしていました。

結婚しているのに、毎回奢ってくれたり、旅行もしたり、遅くまでデートが出来たりして、本当に彼が結婚しているのか疑わしいぐらい一緒にいる時間は多かったです。本当に幸せで、不倫という関係はもうすぐ終わるよと言われていて、私は彼の言葉を信じ、奥さんには罪悪感があったものの、そのままの関係を続けていました。早く離婚をすることを心から願っていました。今となっては最低なことをしていたなと思いますが、当時は奥さんの気持ちもお子さんの気持ちも全くの無視で、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

もし、不倫関係にある方で、男性や女性が、もうすぐ離婚するから待っててと言われても、その言葉をうのみにせず、離婚をしてからお付き合いをすることが当然ですが大切です。これは、私の経験でもありますが、もうすぐ離婚をするからと言って、全然離婚をせず、自分が振られて傷つくのは目に見えています。
人にしたことは結局は自分に返ってきます。奥さんやお子さんを悲しませてまでつかんだ幸せなんてあるはずありません。そんなことを言って近寄ってくる男性ともし結ばれたとしても、いざ自分が奥さんになったときにも同じことをされるのだということを忘れないことです。

不倫で極秘な恋愛でしたが、彼と付き合えることが嬉しくて。

私より10歳年上の、同じ職場の先輩でした。仕事ができ営業成績は上位、顔もかっこよかったです。飲むと女好きになるのがたまにきずですが、性格も悪くなく、若い女子に人気の男性でした。彼には奥さんがいました。

彼が転勤により同じ職場になり出会いました。私と彼の仕事の前任者とは仲が良く結構飲みに連れて行ってもらっていて、彼はその前任者と以前同じ職場で働いたことがある4先輩後輩の中。そのため、前任者が一緒に飲みに行く機会を作ってくれたことから話すようになりました。
その後、何度か飲みに行く中で徐々に仲良くなり、仕事を目で追うように。仕事ができる彼を、徐々に好きになっていきました。職場で会えるだけで仕事を頑張る気持ちも湧き、毎日楽しみでした。
しかし、彼は既婚者、私には婚約者がいました。悪いこととはわかっていましたが、お互いに惹かれ合い、次第に付き合うようになりました。

彼と付き合っていることは極秘。職場でも私的な話は一切せず、外で明らかなデートはしませんでした。
極秘な恋愛でしたが、彼と付き合えることが嬉しくて嫌ではありませんでした。また、秘密に付き合うスリルも少し楽しかったです。
もちろん彼の奥さんと、私の婚約者に対して罪悪感はありました。付き合う中で体の関係もあったからです。
すごく彼のことは好きでしたが、かといって、彼の奥さんから彼を取ろうとは思っていませんでしたし、彼もまた同じ考え。未来のない恋愛でしたが、楽しくて嬉しくて良い時を過ごせました。

不倫して思ったことは、不倫は勧められないなということでした。自由に二人でデートできない、会いたい時に会えないなど制約があり、隠すのにも相当苦労します。好きな人といられる時間は幸せですが、やはり相手の奥さんに対して罪悪感はずっとつきまといます。不倫をすれのであれば、未来は求めないことが一番です。結局不倫は、奥さんが1番、自分は2番ですから。
恋愛するなら、自分の価値観と合う人が一番です。外見は二の次。良く判断して恋愛をしてください。”

不倫といっても何年もつき合っていたわけではない

相手は職場で知り合った男性です。既婚者で子どもがいました。見た目はおとなしそうなタイプで無口だったと思います。年齢は私より年上でした。見た目が若かったので同世代かなと思っていました。スポーツ大好きな人です。

出会いは職場ですが、好きになったきっかけは飲み会で話しているうちになんとなく私から好きになっていきました。向こうは既婚者なので最初は片思いで終わって行くんだろうなと思っていましたが、2人で会っていくようになりました。でも相手は奥さんもいるしお子さんもいるので、最初はとても苦しんだし、これ以上の関係を続けるのはだめだと思い離れました。相手はとても優しくて一緒にいても気を使わない雰囲気を持っていて居心地がよかったです。

好きになった時は、明日会えるかなとか、話せるかなとか楽しかったんですが2人で会うようになって、私のことはどうせ遊びなのかなとか、奥さんや子供に悪いとか思わないのかなとかとてもしんどかったです。いつか奥さんと別れるからとか言ってくれないかなとか思っていましたがそんな言葉は出ず。二人で会う時もこそこそしている感じでちょっと嫌でした。片思いの時の方が楽しかったです。不倫となれば罪悪感しかありませんでした。

不倫といっても何年もつき合っていたわけではないので、深い言葉は出ませんがやっぱり若気の至りかなと思います。あと時間の無駄だと思います。向こうは既婚者なので幸せで余裕もあるので不倫は遊び程度なのかなと結婚した今となってはそう思います。不倫は自分も彼の家族も不幸にしてしまう事。危険な感じでハマってしまう人もいますが、やっぱり時間の無駄かなと思います。既婚者は結婚しているので安心感とかあるのかな?でも結局はひどい事をしているのです。

好きになってはいけない、本気になってはいけないと、、、

会社の違う支店の6歳ほど歳上の彼でした。

かなり押しの強い引っ張って行ってくれる頼りがいのある人でした。
どちらかと言うと情熱的なタイプで肉食系な感じです。
仕事でも取引先の人や業者の方からも信頼が厚く人気者でした。

支店での親睦会で席が隣になって話していたことがきっかけでメールのやり取りを始めました。その日から毎日のように朝からずっとメールが来るようになりました。私も楽しかったのでやり取りが楽しくて仕方ありませんでした。ただ、既婚者の方なので恋愛対象には考えてはいませんでした。
しかし、やり取りを重ねたり出張でこちらに来た際に食事に行ったりするようになると段々惹かれていき、メールが来るのを待ち遠しく、好きになってしまいました。

好きになってはいけない、本気になってはいけないと自制をかけていましたが会ってしまうと止めれなくなっていました。
また直ぐに会いたいと思うようになったり、彼が独身だったら、離婚したらいいのにと自分でもおかしく嫌な性格になっていました。そう思う度に落ち込んだり自己嫌悪に陥っていました。
しかし、好きなものは好きと言う気持ちはどうしようもなかったのです。
誰にも相談できないし、親には申し訳ない思いでいっぱいでした。

自分は不倫をしない、既婚者は好きにならないと思っていても本当に分からないものです。
既婚者だから余裕もあり優しくて魅力的なので惹かれてしまうものかもしれません。
してはいけないと思えば思うほど好きになってしまいます。
もう止めようと思うほどあと少しだけこのままでいようとずるずると引いてしまいます。
一番いい方法は辛いですがいつまでと期限を自分の中で決めます。そうすることで心の準備が出来るからです。
そしてそれは良い思い出として封印するのが幸せへの第一歩になります。

不倫で相手はかなりの年下で元カレです。

不倫相手は娘の元カレでした。

30歳も年下の大学生でした。とてもかわいがっていたので別れてからもラインをしていました。時々食事などにも誘ってもらっていました。高校時代は野球部でとてもスポーツマンの彼でした
出会いは彼が高校生の時、私の娘とつきあっていましたので家に連れてきたときです。その時はまさか恋愛に発展するとは思いませんでした。家でごはんを食べさせてあげたり泊まっていったりしてよくしてあげました。

その後娘とは別れ県外の大学に行ってしまったのですがラインだけは私と交換していました。その後ラインをしているうちに彼から告白されました。最初は冗談かと思っていましたが、彼は本気で、私も旦那とうまくいっていなかったので会ってしまったのがきっかけです。

もちろん恋愛しているときはうれしかったのですが、不倫ですし相手はかなりの年下で元カレです。うしろめたさでいっぱいでしたね。でも素直に彼が好きでした。彼をいるときは女性として生きていけました。もう忘れかけていた気持ちが噴き出たというか、まだこんな恋愛ができる自分に驚きましたね。

不倫ですので堂々と外を歩くことも誰にもいうこともできませんでした。それでも幸せでした。何もかも忘れて彼におぼれていきました。後悔はないです。 恋愛に年齢は全く関係ありません。時期もありません。出会えればどんどんどんなに年をとっても恋愛するべきだと私は考えています。人生は短く人に出会えるチャンスもそんなに多くないですよね。私は彼と出会えて本当に素敵な恋愛ができました。幸せな時間を過ごせました。もっとあきらめずにみんな恋をするべきです。女性はとくにきれいになれます。心は年をとりたくないですよね。ときめいて内面からきれいになれたようです。恋愛はおすすめです。